スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

for the future 

メッツはジャイアンツとの初戦を快勝で制し、今月に入って初の2連勝。

打線は初回に、ペガンの先頭打者HRで1点先制。チーム今季初の先頭打者アーチでした。4回には2アウト一塁から、フランコーアのフェンス直撃の二塁打で、カスティーヨが生還し、2点目。そして6回にはシェフの犠牲フライで3点目を追加します。

メッツの先発は、先週から先発に転向したパーネル。先日の初先発では、球数制限により3回途中で降板してしまいました。この日の球数制限は85球。初回を無失点に切り抜け、3回を終え1安打のみに抑えるなど、素晴らしい立ち上がり。この日は速球はもちろん、キレのあるスライダーも織り交ぜる投球が光っていました。圧巻は5回1アウトからの4者連続三振。6回は2アウトからサンチェスに安打を許すも、主砲サンドバルをレフトフライに打ち取り、86球を投げ、降板。

パーネルの降板後は、ストークス、フェリシアーノ、ロドリゲスが完璧なリリーフで、試合終了。パーネルは6回を3安打7奪三振の素晴らしい内容で、先発としてプロ入り初勝利。来季を見据えての起用にしっかりと応えました。明日はサンタナ・デー。12勝を挙げている相手先発ケインとのエース対決です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/591-c53c87ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。