スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

against one man 

メッツはフィリーズに完敗し、3連敗。まさに一人の土壇場でした。

今日の先発は、先日のブレーブス戦で3回9失点と大きく苦しんだパーネル。初回にいきなり死球と四球で1アウト一塁二塁のピンチを迎えます。4番ハワードを追い込むも、甘い速球をレフトスタンドへ運ばれ、3失点。その後味方に2点返してもらうも、3回には再びハワードに、今度はライトスタンド上段に、2ランを被弾。苦労しながら5回を4安打に抑えるも、ハワード一人にやられてしまいました。

打線は3点差とされた1回に、ペガンの2失策付きのランニングホームランとタティースの犠牲フライで2点返し、1点差と詰め寄ります。しかし2回以降は、フィリーズに移籍後、4勝0敗と無敵の左腕リーの打たせて取る投球にどっぷりはまり、リーが7回に降板するまで奪ったのは初回の2点のみ。

その後はフィリーズの中継ぎ陣にかわされ、結局6-2で試合終了。パーネルはまずまずの内容も、2度の失投に泣き、今季6敗目。

明日からはフロリダでマーリンズと3連戦。初戦はサンタナがマウンドへ上がります。

(追記 17:55)
サンタナですが、つい先ほどの報道によると、肘に違和感あるため、明日の先発を回避するようです。場合によっては今季残りを休養にあてる可能性もあります。先週のライトに続き、今度はエースが離脱。早くシーズンが終わって欲しいものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/601-add8e6fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。