スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a lost season 

メッツはロッキーズに大敗を喫し、連勝はならず。朗報はあの男の復帰のみ。

今日の先発はペルフリー。今年は前の試合で好投したかと思えば、次の試合では打ち込まれるなど、安定感に欠けるシーズンとなっています。この日も、味方に2点をもらうも、初回に1失点し、次の回にはゴンザレスに2ランなどで計3失点。その後も調子は上がらず、4回には2四球の後に、主砲ヘルトンに3ランを許すなど、またもや打ち込まれ、結局4回7失点でK.O.。

一方、打線は初回にフランコーアの犠牲フライとタティースのタイムリーで2点先制。しかし、それ以降は相手先発のデラローサに6回まで僅かに1安打のみ。5点差とされては、士気も上がるわけ無く、結局8-3で試合終了。ペルフリーは被本塁打2に加え、与四球5と制球に大きく苦しみ、今季10敗目。この日は頭部への死球でDL入りしていたライトが復帰し、初回の安打を含む、3打数1安打2三振の内容で復帰しました。

8月を10勝19敗で終え、9月は黒星スタート。何とか勝ちを伸ばして、借金を減らして、シーズンをいい形終えたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/611-179a9cb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。