スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

humiliating sweep 

メッツはマーリンズに惨敗を喫し、ホームでまさかのスウィープ。3連敗で、今季の借金は14。

この日の先発はパーネル。初回にいきなりノーアウト満塁とし、2連続四球を与えるなど、制球が乱れる苦しい展開。その回は1点のみに抑えるも、5回に降板するまで計6失点と一度もリズムに乗れるまま、大きく崩れます。

一方、打線は5-0となった4回に、エバンスのタイムリーとサントスの犠牲フライで2点返し、ようやく相手先発ウエストから点を奪います。4点差とされた5回には、タティースのタイムリーなどで2点追加し、6-4の2点差に。しかし終盤には、リリーフ陣が猛攻を浴び、9安打7失点。再び突き放されると、差は広がる一方で、13-4で試合終了。

投手陣は16安打を浴び、13失点とまさに大炎上でした。先発のパーネルは許した安打は7も、5四球と制球難が響き、今季8敗目。明日からはフィラデルフィアで首位フィリーズと日曜のダブルヘッダーを含む、4連戦。このチームの状態では、スウィープも油断できません。。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/619-c720e527

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。