スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sleeping Daivd awakens 

メッツは大逆転勝利を収め、連敗を4でストップ。あの男がついに目を覚ましました。

打線は初回にノーアウト二塁三塁のチャンスを作り、ライトのタイムリーで2点先制。続くベルトランもレフトスタンドに2ランを打ち込み、5者連続安打で初回に一挙4得点。しかし2回以降は、相手先発モイヤーに対し、7回まで2安打1点のみと苦しみます。

メッツの先発はペルフリー。初回に味方の援護をもらうも、2回にフェリーズに2ランを浴び、リードを2点に縮めます。3回には2アウトからアットリーにソロ、ハワードを一塁に置き、今度はイバニェスに逆転2ランを浴び、3回までに5失点と散々な立ち上がり。4回と6回にも失点し、結局6回8失点の内容で降板します。

4点あったリードが逆に5点ビハインドの展開も、打線はあきらめません。8回にタティースのタイムリーで3点差、さらにはライトの2ランで差を1にします。9回には2アウトからタティースが出塁すると、続くライトが2打席連続となる10号2ランを放ち、土壇場で逆転に成功。DL入りから復帰後、スランプに陥り、HR数も8本と苦しんでいた中、5打数3安打6打点の大活躍で自らチームを勝利へ導きました。

最後はロドリゲスが3者凡退に打ち取り、試合終了。この試合ではライトの2本塁打、ベルトランにも復帰後初のHRが飛び出すなど、珍しい一発攻勢で優勝を狙うフィリーズに見事勝利。明日はダブルヘッダー。初戦を制すれば、スウィープも見えるでしょう。初戦はメインが復帰のマウンドを踏み、2戦目はレディングが先発。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/621-dce232c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。