スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Longest Time 

終盤の追い上げも実らず、メッツはナショナルズに敗れ、今季最多の6連敗。

この日の先発はペルフリー。初回に1アウトからヒットとホームランで2点失うも、4回まで2失点とまずまずの立ち上がり。しかし、2-2の5回には先頭打者に二塁打を許し、続くバードに2ランを被弾し、勝ち越しを許してしまいます。7回を投げ切るも、8安打4失点と良くも悪くもない内容で降板。

打線は2点ビハインドの3回に、ペガン、そしてベルトランのタイムリーで2点奪い、同点に追い付きます。しかし4回以降は無得点が続き、試合は6-2とメッツの劣勢で、9回へ。1アウトから塁上を全て埋めると、ライトのタイムリーで1点、続くベルトランの内野ゴロで2点差に迫ります。2アウトとなるも、続くマーフィーが相手のショートのエラーで出塁し、その間に1点入り、1点差に。しかし、2アウト二塁三塁で1打サヨナラのチャンスを作るも、フランコーアが投手ゴロに倒れ、試合終了。

終盤の猛攻も届かず、6-5での惜敗。これで6連敗と、まさにドロ沼状態で抜けれません。ペルフリーは力投も勝てず、今季11敗目。明日の先発はレディング。1週間分の連敗だけは避けたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/627-ee9d3721

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。