スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7 striaght, denied 

メッツはナショナルズに辛勝を収め、連敗を6でストップ。

打線の前にはだかるのは今季これまでメッツに対し、2完投を含む2勝1敗、防御率1.96と相性の悪いラナン。2回に1アウト三塁から、マーフィーのタイムリーで1点先制するも、6回までに1点のみに抑えられます。1-1の同点で迎えた7回。ライトが二塁打を放つと、続くフランコーアも二塁打で続き、勝ち越しに成功します。1アウトからもう1点追加し、3-1で試合は終盤へ。

この日の先発はレディング。5回を終え、15人で片付けるなど、完璧なピッチング。6回には四球を与えるも、7回までノーヒッターを継続させます。しかし先頭のグズマンに内野安打を許すと、ダンにタイムリーを許し、ノーヒッター、そして完封勝利も消滅。8回も投げるも、先頭打者に二塁打を許したところで、降板。7回を4安打2失点(自責点1)の素晴らしい内容でした。

8回には1点差と詰め寄られるも、最後はロドリゲスが2三振含む3者凡退に抑え、試合終了。レディングは自身の連敗を2で止め、今季3勝目を挙げました。ロドリゲスは32セーブ目を記録。

メッツは勝ち、ようやく長かった連敗を止めました。残り試合も僅かですが、何とかいい形で終わらせたいところ。明日はメインが復帰後2度目の先発を果たします。球数制限が和らぐだけに、5回までは何とか投げたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/628-dfe3fd5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。