スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

keep this up 

メッツはナショナルズに快勝し、2連勝。2週間半ぶりの連勝を収め、借金を20に戻しました。

打線は2回に、トーリーのタイムリーで1点先制。3回にはマーフィーの2点タイムリーツーベースなどで一気に3点奪い、序盤に4-0とします。

メッツの先発は復帰後初勝利を狙うメイン。初回から好投を見せ、5回までわずか1四球と素晴らしいピッチング。5回には1アウト一塁三塁とされるも、無失点に切り抜け、この日の仕事は終わり。75球を投げ、50球をストライクに入れる省エネ投球で許した安打は2安打のみでした。

メインの降板後はデセンスが2回、グリーンが1回をそれぞれ完璧に抑え、8回まで相手打線を封じます。打線は8回にバルデスのダメ押し2点三塁打で差を広げ、6点差とした9回にはストークスがマウンドへ。1アウトを取るも、内野安打の後に二塁打を許し、1点。続くダンにもタイムリーを許し、4点差としてしまいます。2アウトから四球を与えたところで降板。代わったロドリゲスがグズマンを見逃し三振に斬り、試合終了。

メインは5回無失点の好投で、復帰してから初勝利となる今季6勝目を挙げました。ロドリゲスは連日でセーブを記録し今季34S。明日からはブレーブスを迎えての3連戦。連勝を伸ばし、僅かのチャンスの中プレーオフ進出をもくろむ相手に一泡吹かせたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/629-a18d9c05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。