スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

same old Mets 

メッツは攻守の拙さでナショナルズに2連敗。毎度おなじみの結果。

打線は初回に無死満塁からフランコーアが押し出しを選び、1点先制。塁は再び埋まるも、この回は1点止まりと、幸先の悪い展開。2回にはペガンとライトのタイムリーで2点追加し、先発ペルフリーを序盤に援護。

ペルフリーは初回からストライク中心の投球で4回まで無失点と最高の立ち上がり。しかし5回に無死一塁からデズモンドに2ラン、さらに2アウトから同点タイムリーを浴び、この回3失点とナショナルズ打線につかまります。しかし6・7回はきっちり無失点に抑え、7回3失点の好内容で降板も、今季最後の登板は結局は勝敗つかず。

打線は3回以降、終盤まで単発2安打と拙攻続き。8回には2安打と四球で無死満塁とするも、シュナイダーが内野フライ、続く代打リードが二塁ライナー併殺に倒れ、あっけなくイニングが終わってしまいます。

同点のまま8回に3番手として登板したグリーンが1アウトから四球を与えると、続くグズマンのゴロを遊撃手ヘルナンデスがカスティーヨへのトスを失敗し、オールセーフ。さらに続くデズモンドも同様のゴロを放ち、トスはうまくいくも、今度はカスティーヨが送球を大きく逸らし、ボールは相手ベンチ内へ。二塁走者が生還し、4-3でナショナルズが勝ち越します。

最終回は2アウト一塁からライトが長打コースの打球を放つも、右翼手デュークスの好守に阻まれ、4-3でゲームセット。初回と8回のノーアウト満塁を生かせなかった打線、8回に2失策の守備陣...。一人でもヒットを打てれば、正しい判断をできれば、勝てた試合。今季そういった試合は数え上げればきりがありません。

残り4試合。もう何も言いません。

コメント

はじめまして。ナットと申します。
僕もメッツファンで、数週間前にこのブログを見つけてからちょくちょく拝見させて頂いていました。

メッツが好きになったきっかけは、ユニホームがカッコイイ!
それと、メジャーに興味を持ち始めたときにピアザ選手がいたことです。
ピアザは、キャッチャーなのに打撃がファーストの選手並で凄かったのですきでした。
でも、守備のほうは・・・だったみたいですが(汗)

さて、今シーズンも残りあと僅かですね。
今シーズンは主力の怪我人続出で踏んだり蹴ったりなかんじになってしまいましたね(涙)

まぁメッツの順位が低いということは、次のドラフト指名が早く回ってくるということなので、いい選手が獲れるかとちょっと期待しています(笑)


ナットさん、コメントありがとうございます。今後も宜しくお願いします。

踏んだり蹴ったり、まさにその通りのシーズンです。このままでは監督も危ういでしょうね。

ドラフトですが、唯一の救いです。といっても来年の6月まではまだ長いですし。ひとまずは長いオフシーズンからです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/637-a33de8ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。