スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Light and Dark 

メッツはオープン戦・7戦目のナショナルズ戦を僅差で制し、今春5勝目。この日は投手に明暗が別れる結果となりました。

まずマウンドに上がったのはペレス。奮起が期待される今季の初登板でしたが、初回に本塁打1本を含む3失点と苦しい立ち上がり。その後もあまり良い投球とはいえず、3回を7安打5失点の内容で降板。懸念されていた四球はわずか1つだっただけに、今後良くなると願いたいところです。

一方、ペレスのあとを受けて登板したのは高橋。ビザの問題で、ようやく登板を果たしました。初回に10球で3三振を奪うなど、素晴らしい立ち上がり。続く5回には無死一塁三塁のピンチを迎えるも、三振、三振、外野フライで切り抜けます。もう1イニングも無失点に抑え、上々のデビュー戦となりました。この日は3イニングを投げ、被安打1、無四球、6奪三振の投球内容で、この日の勝利投手に。

打線は4点差の3回にサントスのランニング満塁ホームランで逆転。5-5の6回にはライトのタイムリーで勝ち越します。7回からは、ミッシュが一人で最後まで無失点に抑え、6-5で試合終了。ペレスは良くなかったものの、先発5番手の座を争う高橋とミッシュがそれぞれ好投を見せ、暗・明・明の一日でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/655-eabbda7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。