スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nightmare continues... 

メッツは11日、レイエスについて以下の発表をしました。

・甲状腺機能亢進症で2~8週間の休養が必要
・運動は禁止
・休養中は食事面の調整を行う
・復帰は甲状腺の復調時

昨シーズンのほとんどをケガで棒にふったレイエス。ケガも癒え、新たなシーズンへ向けて相当気合をいれて練習に取り組んでたものの、まさかの形で再び戦列を離れることに。本人もきっとショックでしょう。オープン戦が始まる前の紅白戦には出場したものの、オープン戦初戦を前に急遽さらなる身体検査をするためスタメンから外れたのは先月末。検査の結果、甲状腺のホルモンが過剰に機能していたことが明らかになり、この日ついにその詳細が明らかになりました。

復帰のメドは2~8週間と大幅に設定されており、不明としか今は言えません。ただ復帰しても、再び体を調整しないといけないため、実質開幕は絶望でしょう。悔しいのは身体的な問題ではなく、気管的な問題で、さらに今後の生活にも関わること。これにどうやった対応を見せるのか、レイエス自身が試されます。メッツとしてはレイエス抜きで開幕を迎えることになり、どのような態勢で挑むかが焦点となります。レイエスの代役として考えられるのは、昨シーズンも代役として出場していたベテランのコーラ。パワーや走力はあまり無いものの、巧打好守なプレーが期待できます。また若干20歳のテハダも候補です。外部からトレードなどでの補強も考えられます。

キャンプイン前にベルトランの開幕絶望が決定となり、この日はなんとレイエスもほぼ開幕絶望に。苦しんだ去年から心機一転のシーズンとなるはずでしたが、開幕前から雲行きが怪しくなっています。ただ今は今いる選手でやりくりしていくしかありません。どちらにせよ、今シーズンは主砲と先頭打者が不在の中での船出となります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/656-366d6652

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。