スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

perfect day 

メッツは投打が見事噛み合い、タイガースに快勝。悩める左腕も好投し、一安心。

先発はペレス。先週の登板では精彩を欠いていただけに、この日は本人にとっても重要な登板でした。2回を6人で片付け、3回には2四球を与えるも、4回を投げきって降板。四球こそあったものの、ノーヒットに抑え、復調を見せました。ペレスの次は高橋がマウンドへ。先週の投球を維持するように、5回から7回まで1安打3奪三振の好投で再び首脳陣に大きくアピール出来ました。2試合を投げ、6回、2安打9奪三振。四球数はゼロと抜群の制球力は一番の評価点です。

打線は7回にライト、マーフィー、マシューズ、ベイの4本のホームランで一気に9得点。強風にも助けられたものの、昨シーズンあまり見られなかった一発攻勢は見物でした。高橋の後を受けて登板したのは20歳の剛速球右腕メヒア。2回を1失点ながら3Kで締め、9-1で試合終了。高橋は味方打線の爆発に恵まれ、この日も勝利投手になりました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/657-fa7fcdc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。