スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mets killer on the field 

メッツは一歩及ばず、ナショナルズに惜敗。メッツキラーにまたもや撃沈。

OPerez_041010.gif今日の先発はペレス。昨年はケガもあり、悔いの残ったシーズンでした。2回に2点失うも、3回を投げ終え5三振を奪うなど球威は健在。しかし4回に前の打席で2点タイムリーを許したタバレスに再びタイムリーを浴び、勝ち越しを許します。その後は6回に2アウト一塁三塁としたところで降板。

打線は2回に1アウト満塁からブランコの犠飛、ペレスのタイムリーで追いつきます。その後は毎回のようにチャンスを作るも、無得点。4-2とされた5回にタティースのタイムリーで1点差に。しかし6回からは2番手クリッパードに3回を7奪三振と完璧に封じられます。

ペレスの降板後は五十嵐、フェリシアーノ、メヒアと繋ぎ、打線の反撃を待ちます。9回には2死満塁と一打サヨナラの大きなチャンスを作るも、途中出場のバラハスの鋭い打球は左翼手ハリスのダイビングキャッチに阻まれ、ゲームセット。ハリスはかつてブレーブスにいたころからメッツ相手に好守をすることが多く、今回もまたやられてしまいました。

JReyes_04102010.gif
一方でこの日復帰を果たしたのはレイエス。失策を1つ記録するも、9回に先頭打者で今季初安打を放ち、チャンスメーク。徐々に試合感覚に慣れてくれるはずです。明日はなんとしてでも勝って、勝ち越しを狙います。マウンドには頼もしいエース、サンタナが上がります。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/663-b86d62d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。