スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Win for Oliver 

メッツは相手の一発に沈み、またしても連勝はおあずけ。

打線は2回に相手の守備の乱れから1点先制。しかしその後はエース、カーペンターに手も足も出ず、ゼロが並びます。

OPerez_04162010.gif
先発はペレス。初回にピンチを迎えるも、主砲プホルスを併殺に仕留め脱出。吹っ切れたのか、その後は無難な投球を続け、あっという間に勝利投手の権利を得られる5回を無失点とこれ以上ないピッチング。6回も2三振を奪い、7回も続投します。しかし先頭打者に出塁をさせると、一死二塁となったところで降板。


2番手ニエベは死球、四球で結局1アウトも取れずに3番手バルデスと即交代。バルデスはロペスに甘いスライダーを痛打されまさかのグランドスラム。これまで好投を続けていた中継ぎ陣も、緊迫した1点差ではやはり重圧があったのか...。

FLopez_04162010.gif打線は9回に相手の守護神フランクリンを攻め一死二塁三塁のチャンス。代打カタラノットのタイムリーとレイエスの内野ゴロで1点差とします。しかし続くカスティーヨが遊ゴロに倒れ試合終了。

負けたものの、ペレスの好投は今後の明るい材料でした。明日はエースで立て直しを図ります。3勝7敗と苦しい中、まずは1つずつ勝っていくしかありません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/668-11f26b93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。