スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fearful 8th man 

恐怖の8番のV弾でメッツは連敗を3でストップ。

打線は初回にレイエスのタイムリーで1点先制。1点差となった4回にはライトの同点ソロで追いつきます。

この日の先発はメイン。初回にフィリップスにソロHRを浴び、続く2回に勝ち越しを許すなど、まずまずの立ち上がり。しかし3回以降は速球中心のピッチングが功を奏し、6回に降板するまでゼロを並べます。

打線は6回にベイの犠飛、フランコーアのタイムリー内野安打で勝ち越し、好投していたメインにプレゼント。しかし、メインの降板後はメヒアが無失点に抑えるも、8回に登板したニエベが2アウトからボットーとローレンに2者連続ホームランを浴び、試合は振り出しに戻ります。

RBarajas_05042010.gifメッツはリードを一気に無くすも、9回2アウトからバラハスがレッズの守護神コルデロの初球をレフトフェンスに運び、再び勝ち越しを決めます。裏はロドリゲスが3者凡退に抑え、試合終了。バラハスはこれでチーム最多の7本塁打。まさに恐怖の8番バッターです。

この勝利で再び波に乗りたいところです。明日の先発は先週のフィリーズ戦で快投したニース。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/686-ef525645

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。