スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Perez Theater 

OPerez_05092010.gifメッツは終盤のリードを守れず、連勝は2でストップ。

この日の先発は今季勝ち星のないペレス。1回こそ3者凡退に切り抜けるも、2回に四球とヒットでランナーを背負い、タイムリーと内野ゴロで2失点。3回には2四球と死球で1アウト満塁となるも、飛球2つに打ち取り、何とかノーダメージ。しかし制球は一向に定まらず、4回には3四球で再び満塁としたところでついに降板します。代わったバルデスは2アウトから四球とパスボールで2点許し、4-0とされます。

打線は初回に1アウト二塁三塁とエースの立ち上がりを崩すチャンスを作ります。しかしベイとライトが共に見逃し三振に倒れ、結局無得点。2回以降はリンセカムの投球に圧倒されるも、6回に2アウトからデイビスのタイムリーで1点返します。続くフランコーアもヒットで続き、4-2とし、7回を前にリンセカムをマウンドから降ろします。

勢いを手にした打線は8回、1アウトから塁を埋め、打席は4番ベイ。つまったフライを放つも、向かい風の影響か打球はレフト前にポトリ。ペガンとタティースがホームインし、追い付きます。続くライトもフライを放ち、今度はレイエスが犠飛で生還し、この回一挙に逆転!

8回に登板したのはメヒア。20歳には重荷だったのか、1アウトから四球を与えると、1番打者ローワンドに逆方向へ逆転2ランを浴び、逆転を許します。1点を追う9回には先頭のベイが二塁打を放つも、ライト、デイビス、フランコーアが連続で三振に倒れ、試合終了。

この日の投手陣が与えた四球数は11。それでは勝てません。その中での戦犯、ペレスは3回1/3を投げ、2安打4失点、四死球8と散々な内容でまさに"劇場"。今後もこのような投球ではローテを務めれないでしょう。早い改善が必要となってきます。

明日からはナショナルズと3連戦。初戦の先発はメイン。連敗は阻止したいところです。

コメント

今日の試合は本当に悔しい負け方でした

でしたねー。ただ負けるならまだしも、追い付いて、勝ち越して、僅差で負けると相当悔しいです。粘りは評価したいと思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/690-ea5d8ffd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。