スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

killed by no-names 

2人の伏兵にやられ、メッツはナショナルズに負け越し。立て直しを図るべくのホーム6連戦は結局3勝3敗。

先発ペルフリーは初回を3者連続三振に打ち取るなど、最高の立ち上がり。しかし2回に2安打と四球で満塁のピンチを迎えます。2つの三振で2アウトを取るも、相手先発スタミンにレフト前に運ばれ、2失点。

打線は2回に1アウトから満塁とし、ペルフリーのタイムリーとぺガンの犠牲フライで2点入れ、同点とします。

ペルフリーは4回に再びつかまります。2アウトからホームランを浴び、さらにランナーを二塁に置き、再びスタミンにタイムリーを浴び、2失点。しかし再び味方が5回に2点返し、援護を受けるも、球数がかさみ、結局6回途中で降板。

ペルフリーの後は高橋、フェリシアーノ、ニエベと繋ぎます。9回に登板したのはロドリゲス。2アウト、走者は一塁の状況から、この日プロ入り初ホームランを放ったバーナディーナにまさかの2ランを浴びてしまいます。その裏は三者凡退に倒れ、6-4で試合終了。

打線は2度、2点差を追い付いたものの、決定打は一向に出ず。ペルフリーとロドリゲスは共に2アウトからの失点と、投打に粘りが足りませんでした。

明日はフロリダに移動し、マーリンズと4連戦。そろそろ敵地でいい結果を残したいところです。初戦はサンタナ、ジョンソンのエース対決。

コメント

ペルフリーも少し調子落としてきましたね。
故障じゃなければ良いですが…
明日は投手戦?かな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/693-a71a40b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。