スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

splitting 9th 

メッツは接戦を落とし、今季3度目のサヨナラ負け。

打線は2回、相手先発ジョンソンから3安打放ち、1点先制します。しかし3回以降はジョンソンの剛速球に歯が立たず、ゼロの行進。

メッツの先発、サンタナは3回に自らの送球エラーで1点失うも、相手のエースにも負けじと、力投。積極的に振ってくるマーリンズ打線をキレの鋭いチェンジアップを効果的に使っていました。7回を98球で片付け、6安打1失点(自責点0)の素晴らしい内容で降板します。

2回以降ノーヒットだった打線は9回に、先頭のカスティーヨが内野安打+エラーで出塁し、無死二塁と勝ち越しのチャンスを作ります。続くレイエスにはバントのサイン。しかし2球連続でファールしてしまい、浅いレフトフライに倒れ、走者を送れず。後続のベイとライトが共に倒れ、結局この回は無得点で終了。

9回は8回を0点に封じたニエベが続投するも、1アウトから四球とヒットで一打サヨナラのピンチ。監督の指示で内野、外野を共に前進させ、死守態勢を敷きます。しかし続くアグラへの初球は暴投。三塁からロスが生還し、ゲームオーバー。

9回の攻撃の明暗が分かれる結果となり、メッツは2連敗。こういった接戦では細かい事が出来ないと勝てません。明日は先週の登板で7四球を与えたペレスが先発です。

コメント

最近大きな連敗はないものの、負けが目立ちますね

そうですね。特にここ10試合ぐらいは接戦が続いています。こないだは5点差をひっくり返しましたが、まるっきりその流れが維持できていません。頼みの打線が不安定だと、勝利を重ねるのは難しいですよ。

ここぞの場面での残塁が目立ちますね~ 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/694-89bb3cb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。