スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Out of control 

メッツはマーリンズに大敗を喫し、3連敗。

ペレスは2回まで無失点も、3回に崩れます。1アウトから連打でランナーを背負うと、アグラに初球をレフトスタンドに運ばれ、3失点。タイムリーで4点目を許し、苦しいイニングを終えます。しかし悪い流れは変わらず、続く4回にはアウト1つを取る間に3本のホームランを浴び、そのまま降板。

大量のビハインドの展開で、打線は4回まで1安打のみと活気は無し。5回にはぺガンの2点タイムリーでようやく点を入れます。

試合はそのまま、7-2で試合終了。ペレスは3回1/3で9安打7失点で試合をぶち壊し。四球は2つのみも、失投の連続で今季3敗目。まだ白星は無く、防御率は5.94と不振は続きます。今後の処遇が注目されます。一方、打線はこの日も低調で昨日と同じ4安打のみ。3番のレイエスが.215、7番のフランコーアが.222とスランプに陥っている打者が目立ちます。

3連敗で貯金は0。8連勝の勢いももはや消えつつあります。何とか打破して、勝ちを増やしたいところです。

コメント

今日はペガンとレイエスの打順を変えてきましたね。
フランコアはかなり不調ですが、ベルトランが帰ってきたらやっぱりペガンが外れるのでしょうかね?
後、ペレスはローテーションから外れると聞きましたが、マイナーのディッキーや高橋が有力なんでしょうかね?

変えても負けは変わらず。苦しい戦いが続いています。

フランコーアは、最近壊れてますね。ペガンとの起用うんぬんですが、ベルトランが実際に復帰するまではまだ何とも言えません。それまでに復調して欲しいです。

ペレスの代役ですが、私の予想では高橋です。日本では先発を務めていましたし、今季もいい成績を残しています。ただ中継ぎとしての活躍が評価されているため、このまま残る可能性もあります。その際はナックルボーラー、ディッキーが有力です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/695-32e1e2cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。