スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

change not enough 

メッツはマーリンズに敗れ、今季最多に並ぶ4連敗。ついに借金生活へ突入...。

JMaine_05152010.gif試合前にペレスをローテーションから外し、中継ぎへ降格。また、打順では不振だったレイエスを先頭打者に戻し、この悪い流れを打破すべく動いたメッツ。しかし流れは初回から悪く、先発のメインが初球から12球連続ボールを投げ、いきなり満塁とされます。カントゥはライナーに仕留めるも、続くアグラに押し出しを与え1失点。2アウトまでこぎ着けるも、メイビンにセンター前に運ばれ、初回に極度の制球難で3点を許します。

打線は2回にリーグ最多三振と不名誉な記録を持つライトの8号ソロで1点返上。3回にはベイのタイムリーとライトの犠牲フライで2点返し、同点とします。

メインはその後、2回・3回を無失点に抑えるも、4回に再び崩れます。ノーアウトから2本の二塁打で勝ち越しを許すと、1アウトから2失点。結局5回を6失点の内容で、試合を作れずに降板します。

再びビハインドの展開となった打線は終盤に2点加えるも、差は埋まらず、この日は7-5で敗戦。メインは初回の制球難が響き、今季2敗目。昨夜にペレスが打ち込まれただけに、本人も好投をしたかったはずでした。

明日は何としてでも勝って、4タテだけは避けたいところ。先発の不安定な投球が続く中、明日の先発のニースには急成長が期待されます。

コメント

このままメインをローテに残しておくのはまずいかもしれませんね^^;
かといって代役も・・・

今日もまけましたね
ヒット数では負けてないんですけどね
このままではペレスだけでなく、メインも危ないですね。

コメントありがとうございます。

メインは、よく分からないです。突如乱れる事が多々あります。ペレスと違うのは、悪いなりに5回、6回まで投げ続けられる投球です。しばらくは様子見といったところでしょうか。

こう見るとメイン、ペレスに頼らず、先発のFA選手の一人ぐらい獲っておいても良かったですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/696-24a0965c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。