スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

start here on 

メッツは打線の鮮やかな繋がりで、フィリーズに完勝。3連勝で、再び勝率5割に復帰。

この日の先発はディッキー。序盤に2点の援護をもらい、2回には無死満塁を無失点で切り抜けるなど、上々の立ち上がり。3回からは得意のナックルボールを駆使し、フィリーズ打線を牛耳るピッチングが光ります。6回を投げ、無失点、自身最多に並ぶ7奪三振の内容で降板します。

1回と2回に1点ずつ入れた打線は4回・5回・6回にもそれぞれ1点ずつ加え、緻密な攻撃を続けます。8回には2アウト一塁からの猛攻で一挙3点奪い、フィリーズを突き放すことに成功。

ディッキーの降板後はバルデスが3回をリリーフし、8-0で試合終了。ディッキーは約1年ぶりの白星で今季1勝目。バルデスは今季初セーブを記録しました。打線では4番デイビスを除いて全員安打。3番ベイと8番フランコーアがそれぞれ2打点を挙げ、レイエスは3安打猛打賞を記録し、打線がうまく機能し始めています。

勝率を5割に戻し、シーズンの巻き返しを図りたいところです。明日は高橋が今季2度目の先発登板を果たします。

コメント

ディッキーいいですね。
今日は最高の形でしたね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/705-4b3ce3ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。