スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

what a turn-around 

投打が噛み合い、メッツはフィリーズを2夜連続で零封。

HTakahashi_05262010.gif打線は2回にバラハスの犠牲フライで1点先制。3回にはレイエスの今季初となるソロHRが飛び出し、2-0とします。

この日の先発は高橋。抜群の制球力を駆使し、4回まで2安打無失点と素晴らしい立ち上がり。最大の山場は6回でした。主砲ハワードを前に、一死一塁三塁とされます。ここでも落ち着きを見せ、ハワードを三振、続くワースをライトフライに打ち取り、ピンチを脱出。

追加点が欲しい打線は6回にライトとペガンの連打でノーアウト一塁三塁のチャンスを作ると、続くバラハスのレフト線上すれすれのタイムリーツーベースで2点追加します。さらにはレイエスのタイムリーで5点目を入れ、相手先発ブラントンをノックアウト。

高橋の降板後はメヒア、五十嵐、ニエベがそれぞれ無失点に抑え、5-0でゲームセット。高橋は安定感のある投球が光り、今季4勝目。メジャー初となる先発勝利となりました。好調の打線はここのところチャンスをものにする場面が多く、7安打で無得点のフィリーズに対し、同じ7安打で5得点と明暗がくっきり。

明日勝てば、フィリーズにスウィープ。最終戦はペルフリー対ハメルズの若きエース対決です。

コメント

しかし、高橋は予想外に凄いですね。日本人の左投手はアメリカに強い傾向にあるのかな?
良い感じで連勝してますし明日のペルフリーにも頑張って欲しいです。

左腕うんぬんと言うよりも、単に対応力が優れている考えられます。日本よりも大きく、変化球を投げにくいとされるメジャーの球をこれほども操れるのは凄すぎです。今後は対応されてくると思うので、今後も注目です。

ペルフリーでスウィープ、期待です!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/706-5f5b6e9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。