スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tough beginning 

FNieve_05292010.gifメッツは乱打戦に破れ、ブルワーズにあえなく2連敗。

先発のニエベは初回が全てでした。2アウトを楽に取るも、ヒットと2四球で塁を埋め、打席には昨夜の打のヒーロー、ハート。対決を前にマウンドを訪れた投手コーチのメッセージも届かず、結果は何とグランドスラム…。ニエベは初回に4失点と苦しい立ち上がりとなりました。

打線はビハインドの展開も、3回までに1点ずつ奪い、2点差に追い付くなど粘りを見せます。また4点差とされた4回には1アウト一塁二塁からデイビスが3ランを放ち、1点差まで追い上げる事に成功。

ニエベの後に登板したペレスも乱調で3点を許し、相手打線の勢いは全く止められず。しかし1点差に迫った後は、デセンス、メヒア、五十嵐がそれぞれ無失点に抑え、接戦を何とかキープします。

一度は迫ったものの、打線は試合中盤からは拙攻の連続。6回からは一度も出塁できず、そのまま試合終了。今季初先発となったニエベは2回しか持たず、今季3敗目。敵地での序盤での大量失点は痛すぎでした。

ホームでの快進撃から一転、連敗で再び勝率5割に逆戻り。早くも正念場となりつつあります。それを防ぐには、まず勝利のみ。ディッキーに連敗ストッパーを託します。

コメント

やはり、ロードでは勝てませんね。
点はたくさんとり、チャンスはあったのですが、ニエベの先発というのが厳しかったですかね~
メイン、ニーズと抜けているのが厳しいところです。
オールスターまでに最低五割は勝率をキープして欲しいです。
打線も元気が出てきましたし、明日からのディッキー、高橋、ペルフリー、サンタナという流れには期待しています。

まさに「死のロード」状態です。急遽先発を言い渡されたニエベは仕方ないと言えば仕方ありません。

仰るとおり、安定し始めたローテに期待です。そうすればロードでも勝ちが増えてくれるはず。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/709-1f329256

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。