スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

day of bad outings 

メッツはパドレスに惨敗。投壊とはまさにこのこと。

この日の先発は高橋。初回こそ無失点に抑えるも、2回に3安打浴び、いっきにピンチを迎えます。2アウトを奪うも、先頭打者へアストンに0-1からインサイドの速球をレフトスタンドへ運ばれ4失点。3回にはノーアウトから3連打を許し、2失点するなど、厳しい立ち上がりとなりました。4回こそ無失点に切り抜けるも、4回を投げ8安打6失点の内容で降板。

打線は2回に先制するも、試合中盤を前にビハインドの展開となります。しかし5回にレイエスの2点タイムリーなどで3点返し、2点差とします。

投壊はさらに続きます。5回に登板したバルデスは4失点、6回に登板した4番手の五十嵐は大乱調で6失点と試合をぶち壊し。終わってみれば今季最多の被安打19、失点は18。不甲斐ないとしか言えません。これまで好投していた高橋ですが、初めて壁にぶち当たり今季2敗目。初対戦とは思えないほど対応されていただけに、早い立ち直りを見せたいところ。

こういった試合は気持ちを変えるしかありません。幸いにも明日の先発はペルフリー。今季8勝目を狙います。

コメント

今日はあまりにも恥ずかしい試合でしたね・・・

ぺルフリーに期待したいです。

まさに恥さらしでした。是非とも今日のペルフリーには長いイニング投げてもらいたいところです。

野手陣が頑張っていたから、五十嵐とバルデスがもう少しまともなら試合はまだ分からなかったかもしれませんね。
故障明けから五十嵐はよく打たれてますが、どうしたんでしょうかね?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/711-a896e605

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。