スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

home coming day 

メッツは鮮やかな逆転勝利で、マーリンズに辛勝。

この日の先発はディッキー。初回こそ無失点に抑えるも、2回と3回に連打を浴び、3失点と立ち上がりに苦しみます。

打線は3点を追う3回に、レイエスのタイムリーなどで2点返し、1点差とします。その後しばらくは無得点が続くも、6回に再びチャンスメーク。1アウトから四球と二塁打で得点圏に走者を置くと、フランコーアがレフト前に運び、同点に追いつきます。さらに続くカスティーヨのDL入りに伴いメジャーに戻ってきた20歳のルーキー、テハダの内野ゴロでバラハスが生還し、この回一気に勝ち越し成功。

ディッキーは試合中盤から制球が安定し、ゼロを並べます。味方に逆転してもらった7回も続投し、1アウトから四球を与えたところで降板。その後はフェリシアーノ、デセンスと繋ぎ、守護神に託します。2アウトから安打と四球に暴投が重なり二塁三塁とされるも、主砲ラミレスを三塁ゴロに打ち取り、ゲームセット。

3点差を見事ひっくり返し、開幕戦で勝ってから6連敗中のマーリンズを対峙。この勝利で今季ホームで20勝目となり、メジャーで最速。ロードで勝てないだけに、こうなったらホームで勝ち続けるしかありません。明日は足を痛めていたニースが復帰登板を果たします。

コメント

やっぱりホームでは強いですね。
明日のニースにも期待します。
デセンスにはあまり期待していなかったのですが、ここ最近は予想外に良いですね。五十嵐に変わってセットアッパー昇格っぽいですね。

ホームをほとんど勝てば60勝ぐらいは可能なので、ロードゲームの勝敗を少しでも良くしたら上位に上がれるはずです。

デセンスは球威は無いものの、ベテランらしい投球を持っています。五十嵐、ニエベなど右の中継ぎ陣が不調なので、今はまさにセットアッパーです。元巨人と言うことで日本でも知名度があるみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/714-8a11d34d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。