スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

what roads? 

相手の反撃をかわし、メッツはインディアンズに辛勝。今季2度目の7連勝で、貯金は10。

打線は初回に先頭のレイエスとペガンが連打でチャンスを作ります。3番ライトは三振に倒れるも、続くデイビスのタイムリー、ベイの休養で5番に入ったフランコーアの犠牲フライで2点先制。ブランコのタイムリーで3点目も加え、相手先発ウエストブルックの立ち上がりを攻略。

この日の先発はディッキー。初回は無失点も、2回と3回に1点失うなど、まずまずの立ち上がり。その後は5回にも1点失うも、粘り強いピッチングで6回を3失点の内容で、マウンドを降ります。

1点差となった4回、打線はライト、デイビスのタイムリーで2点加え、再び3点差とします。再び1点差となった8回にはレイエスのタイムリー三塁打で貴重な追加点を加え、中継ぎ陣に少しの余裕をプレゼント。

ディッキーの降板後はフェリシアーノ、デセンスと繋ぎ、最後はロドリゲス。走者を出すも、3三振で締め、試合終了。ディッキーは決していい投球では無かったものの、失点を最小限に抑え、今季5勝目。6回の先発での5勝は球団史上初の快挙です。

オリオールズに次いで、インディアンズもスウィープ。ここ12試合で11勝と、まさに快進撃です。明日からはヤンキースとのサブウェイシリーズ・第2章。初戦の先発は高橋です。

コメント

明日からの3連戦が山場ですね。
最低でもスイープだけは避けたいです。

やりましたね!
でも次が正念場。
何とかこのまま連勝をのばしてほしいですが・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/726-3b4ec6fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。