スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rain of runs 

今季最大の猛攻で、メッツはタイガースを下し、連敗を2でストップ。

打線は初回にピリッとしない相手先発のバーランダーを攻め、一塁にレイエスを置き、ペガンの三塁打で1点先制。続くライトの犠牲フライで2点目を入れます。3回にはベイのタイムリーで3点目を加えると、降雨のため、暫しの雨天中断。

1時間後に再開すると、バーランダーはすでに降板していました。打線は2番手スボルツを攻め、塁上にいた走者二人を返すと、その後も2アウトからレイエス、ペガンのタイムリー、さらにデイビスの2点タイムリーなどで一挙8得点を挙げ、10-0とし、試合を決定づけます。

この日の先発はニース。3回までノーヒットに抑えるなど、完璧な立ち上がり。しかし中断後に続投したのはまるで別人でした。4回に1アウトから2ランを浴びると、5回にはノーアウト一塁から2連打を浴び、さらに2失点。何とか2アウトとするも、連打と四球で塁を埋められると、そのままマウンドを降ります。

10点のリードが半分になったものの、打線は6回に無死一塁二塁から主軸のライト、デイビス、ベイがそれぞれ1点ずつ返し、再びタイガースを突き放します。ニースの降板後はニエベ、パーネルと繋ぎ、最後は五十嵐が締め、14-6での勝利。ニースは大量の援護をもらうも、勝利投手の権利を目の前に打ち込まれ、勝敗はつかず。一方でニースの後を受け、2回と1/3を完璧に封じたニエベが勝利を挙げ、今季3勝目。

打線では1番から4番まで全員が3安打を放ち、バラハスを除いては先発全員安打・打点を記録。終わってみれば16安打を放ち、今季最多の14得点でタイガースに大勝。明日の先発はディッキー。ナックルボールで強力打線を封じ、虎退治を狙います。

コメント

まさかバーランダーを2回KOとは…
今日から勝って連勝を続けて欲しいですね。

バーランダーの早期降板は雨のおかげでしたね。続投されていたら接戦になってたかもしれません。

ベルトランが帰ってくる前に、勝ちを増やしたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/731-a41d9818

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。