スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

caught by a tiger 

終盤の追い上げも実らず、メッツの連勝は2でストップ。

この日の先発は高橋。初回に犠牲フライで1点失うと、3回にはオルドニェスに2ランを浴び、立ち上がりに苦しみます。4回こそ3者凡退に打ち取るも、5回にはホームランを皮切りに2安打と四球で満塁とされ、マウンドを降ります。

代わったデセンスは押し出し四球などで2人の走者を返し、5回を終え、試合は6-1とタイガースのペース。

5点を追う打線は6回にノーアウト一塁三塁からライトのタイムリーで1点返します。続くデイビスの内野ゴロの間に1点入れると、ベイとカーターが連打で続きさらに2点を追加し、2点差に詰め寄ります。

7回にも1点返すも、1アウト満塁からライトとデイビスが共に倒れ、1点差のままイニングは終了。8回は2アウトからチャンスを作るも無得点に終わると、9回は3者凡退に終わり、試合終了。先発の高橋は立ち上がりの乱調が響き、4回を8安打6失点の内容で、今季3敗目。試合の中盤以降は中継ぎ陣が好投、打線も追い上げを見せただけに、残念な結果となりました。

明日からはツインズとの3連戦。初戦はペルフリーが今季10勝目を狙います。

コメント

高橋…
しかし、今日の試合は惜しかった。
満塁でチャンスの場面もあったんですがね。

高橋は普段の制球が見られませんでした。生命線を無くすとさすがにタイガース打線には打たれますよ。

打線は粘りは見せたのですが、一歩及びませんでした。今日に繋がると思いたいですね。

負けましたけどパーネルとJ・フェリシアーノが使えそうなことが分かったのは収穫でした。パーネルは相変わらずスピードは出てましたね。J・フェリシアーノはマイナーでうちまくっていたのでちょっと注目してます。

しかし、デービスはまだまだチャンスでは頼りなく感じますね。ま、本来ならベルトランやらベイがその役割を担わなきゃならんわけですが。

パーネルですが、少し制球が良くなった気がします。現時点でセットアッパーとして起用されるでしょう。フェリシアーノはシュアな打撃が売りなので、2番打者としてはうってつけです。

デイビスはまあ良くやってると思いますよ。こないだも左腕に追い込まれながらも、タイムリーを放ちましたし。何よりも打点がベイより多いのは驚きです。まあベイがあんまり活躍をしてないだけかもしれませんが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/734-571a5d00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。