スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no Reyes, no offense 

またもや相手の投手陣に封じ込まれ、メッツは2連敗。後半戦は何とも歯切れの悪いスタート。

この日の先発はニース。3回まで無失点に封じると、4回に1点を失うも、タイプの似ている先輩左腕ジトに負けじと好投を続けます。

一方、前の日に完封された打線は、6回を終え、1安打1四球のみの出塁と、苦しい展開となります。結局8回に降板したジトからは2安打のみ、10三振を喫し、まんまと餌食と化します。9回は守護神ウィルソンに無得点に終わり、1-0で試合終了。ニースは7回を1失点の好内容も、援護が無く、今季4敗目を喫しました。

打線はこの日僅か3安打に終わり、後半戦が始まり、低調気味。先頭打者のレイエスは斜筋を痛めており、出場できていないのも一因と言えるでしょう。レイエス、ペガン、ライト、ベルトランと始まる打順にさえなれば、きっといい流れになるはずです。

まずは明日。本来先発予定のペルフリーは移動中に首を痛めたため、急遽月曜に登板予定だった高橋が代役を勤めます。

コメント

レイエスがいなければ機動力野球ができませんからね~。
ニースは今日最高のピッチングだったのですが…

これ以上首位と離れるのは辛いので、早い復帰が望まれます。ようやく今年復調しただけに、本人はもちろん我々ファンも悔しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/740-096bce55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。