スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

move must be made 

メッツは後半戦に入り、4度目の零封負けで2連敗。......。

この日の先発はディッキー。3回までに4三振を奪うなど、最高の立ち上がり。しかし5回にマウンドで足を故障してしまい、6回に2アウトを取ったところで無念の降板となります。

ディッキーの降板後はバルデス、アコスタと繋ぎ、試合は0-0で終盤へ突入。打線は相手先発カーショーに対し4回まで1安打も、5回と6回に2安打ずつを放つなど、徐々に打ち始めます。しかし一向にタイムリーは出ず、結局8回を投げられ、無得点。

試合は8回、4番手のフェリシアーノが2アウト一塁からマーティンにタイムリー二塁打を許し、均整がついに破られます。9回には昨日の試合でプロ入り初登板を果たしたジャンセン相手に3者凡退で終わり、試合終了。

打線はこの日も全く機能せず、7安打で完封リレー負け。こうなった以上、チームを変えるには監督やコーチ陣の更迭など、何らかの大きい処置しかないでしょう。前半戦は終わりに掛けて終息しかけ、後半戦では勢いがまるでなし。時期的にもう後が無いだけに、動けるのは今。球団の未来にも大きく関わることだけに、しっかりとした決断に注目です。

コメント

復帰したベルトランも全く打てず、ライトもチャンスで三振…
気づけば、もう勝率5割に近づいてきましたね…

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/750-b48914e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。