スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

near the end 

メッツはブレーブスとの初戦を落とし、2連敗。貯金を全て使い果たし、単独4位に転落。

この日の先発はサンタナ。初回に安打と四球でピンチを迎えると、1アウトからダイアズにタイムリーを許し、いきなり1点を失います。2アウトにするも、四球で満塁にしてしまい、続くアンキールにタイムリーを浴び、初回に3失点と、苦しい立ち上がり。

一方、打線は相手先発ハドソンに対し、出塁はするも、なかなか反撃できず。5回にはベルトランのタイムリーでようやく1点返すも、6回に降板するまではその1点のみに封じられます。

サンタナは2回以降はエースらしい投球でゼロを並べます。7回にはジョーンズにソロHRを浴びるも、自身の今季最多となる11三振を奪うなど、気迫の投球。しかし打線はブレーブス自慢の中継ぎ陣の前に沈黙。9回もワグナーに3者凡退に倒れ、4-1で試合終了。

サンタナは初回の失点が重くのし掛かり、今季6敗目。チームは大事な初戦に敗れ、窮地に立たされます。明日はディッキーで連敗を止め、何とか残りのシーズンに望みを残したいところです。

コメント

初戦から落としてしまいましたね…
大きな連勝を願うしかないです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/757-279bf8c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。