スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ran out of gas 

中継ぎ陣が終盤のリードを守れず、メッツはフィリーズに逆転負け。2連敗で借金生活に突入...。

この日の先発はニース。初回に1アウトからポランコにタイムリーを許し、1失点。3回までに4四球を与えるなど、立ち上がりに苦しみます。

1点を追う打線は3回にレイエスのタイムリーで追い付くと、4回にはトーリーのタイムリーで勝ち越しに成功。ニースはリードをもらうと、それまでの制球難が見られなくなり、カーブを中心にフィリーズ打線を翻弄させます。力強い投球で7回まで初回の1失点のみに抑えるなど、素晴らしい内容で降板。

8回に登板したのはパーネル。いきなり連打でノーアウト一塁三塁とされると、フランシスコとルイーズに連続でタイムリーを浴び、あっという間に逆転を許します。代わったフェリシアーノも押し出し四球を与えるなどパッとせず、4番手アコスタでさえ犠牲フライとタイムリーを打たれるなど、中継ぎ陣が崩壊し、1イニング6失点で試合は完全にフィリーズのペース。

打線は9回に2アウト一塁二塁から代打の代打ヘスマンが右への3ランを放つも、その時点でまだ2点差。結局この日は7-5で試合終了。ニースは素晴らしい投球だっただけに、中継ぎ陣の乱調ぶりが余計に目立ちました。

勝てる試合を落とし、ついに借金が1。もう勝ち続けないといけない状態でもこうですから、結果はもう見えてます。明日の先発はサンタナ。エースでも取れなかったら、もはや終戦です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/760-e7e281b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。