スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

when the closer is in trouble... 

JSantana_08122010.gif
フィールド内外で揺れる中、メッツはロッキーズに快勝。勝率を5割に戻し、今カードを2勝1敗で勝ち越し。

打線は初回に1アウト二塁からペガンのタイムリーで1点先制。デイビスの二塁打の後はベルトランの犠牲フライで2点目を入れ、前日と同様に初回に2点を先制します。

この日の先発はサンタナ。初回を3者連続三振に仕留めるなど、華麗な立ち上がり。6回を3安打のみに封じ、余力を残したまま、7回のマウンドに上がります。

追加点の欲しい打線も、この日も前日と同じく拙攻続き。4回と6回に3安打放つのがやっと。転機は7回。疲れの見え始めた相手先発ハメルを攻め、1アウトからテハダが四球を選ぶと、サンタナのバスターエンドランで一塁三塁のチャンスを作ります。続くレイエスのタイムリーで1点、続くマルティネスの犠飛でさらに1点追加し、4-0。

サンタナは7回を3者凡退に抑え、8回も1四球を挟んで無失点に切り抜けます。9回は1アウトからゴンザレスにヒットを許すも、続くモーラを併殺に仕留め、試合終了。サンタナは4安打完封勝利で今季10勝目。守護神が逮捕される前代未聞の事件が起きた直後の試合を、見事な快投でチームに漂っていた悪い空気を払拭しました。

明日からはフィリーズと3連戦。初戦は先週のフィリーズ戦でノックアウトされたディッキーが雪辱を果たすべく、先発します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/765-d2e14761

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。