スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7-run 6th 

4点あったリードを守れず、メッツはマーリンズに大逆転負け。

打線は初回にライトの21号2ランで先制。2回と3回にも1点ずつ加え、援護になかなか恵まれないニースに序盤に4点をプレゼントします。

ニースはこの日3回までノーヒット6奪三振とこれ以上ない立ち上がり。4回にはラミレスに2ランを浴びるも、5回を2失点とまずまずにまとめます。

しかし、6回に突如乱れ、死球とヒットでピンチを背負うと、アグラにタイムリーを許し、続くサンチェスにも四球。ノーアウト満塁から三振で1アウトを奪うも、続くヘルムスに犠牲フライを打たれ、同点を許します。2アウトから8番ヘイズを浅いライトフライに打ち取ったと思いきや、フランコーアの前にフェアで落下。逆転のランナーを返したところで、マウンドを降ります。

代わったデセンスもピリッとせず、立て続けに3連打を許し、この回で一挙7失点。試合を大きくひっくり返され、試合序盤の勢いは消えてしまいます。打線は3回までに4点奪うも、4回以降は拙攻。5点ビハインドとなってはさらに拙攻となり、結局この日は11-4で試合終了。ニースは6回の乱調が響き、今季7敗目。

打線がやっと点を取れるようになったところで、今度は投壊。なかなかバランスを保てません。さらにケガから復帰後、活躍をみせていたレイエスが3回に右脇腹を再発させてしまい、途中交代。DL入りは確実で、大きい戦力ダウンとなります。

明日からはアストロズと3連戦。フィリーズを4タテするなど、調子のいいチームだけに、初戦は是非とも取っておきたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/779-561a10b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。