スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

one man show 

ディッキーの"一人舞台"でメッツはアストロズに快勝。

打線は2回に連打と四球でノーアウト満塁の絶好の先制機を作ります。続くヘルナンデスは三振に倒れるも、ディッキーがセンター前に運び、2点先制。ペガンの内野ゴロとカスティーヨのタイムリーでさらに2点追加し、4-0とします。

この日の先発はディッキー。3回まで1失点に抑え、2回には先制タイムリーを放つなど、投打でいい立ち上がり。4回からは毎回ヒットこそ許すものの、ナックルを低めに集める投球が冴えます。8回も続投するも、先頭のマンゼラを出塁させたところで、この日の役目を果たして、降板。

8回はパーネル、9回は高橋が無失点に封じ、5-1で試合終了。ディッキーは好投で今季9敗目。打っても3打数2安打2打点とまさに投打のヒーローでした。

明日からはアトランタに移動し、ブレーブスと4連戦。上を目指すにはもちろん勝ち越し以上が望まれます。初戦の先発はメジャー昇格後、3敗と白星のないミッシュ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/782-5d607835

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。