スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blown away 

メッツはカブスとの乱打戦の末、1点差での惜敗。

打線は初回にライトの2点タイムリーなどで3点先制。しかしそれ以降は立ち直った相手先発ウェルズの前に沈黙します。

この日の先発はディッキー。3回まで完璧の投球も、4回に連打を浴び1失点。その後は2アウトまで奪うも、ソリアーノに痛恨の逆転3ランを浴びてしまいます。同点の6回に今度はデウィットにも2アウトから3ランを打たれ、撃沈。

同点に追い付くも束の間、再びビハインドとなったものの、7回と8回にライトとヘルナンデスのソロHRで1点差に追い付きます。しかし9回は無得点に終わり、結局7-6で試合終了。ディッキーは2つの失投が響き、10勝目はおあずけ。

終盤にあと一歩まで迫るも、2本の3ランを放った相手に対し、2本のソロではさすがに足りません。初回にチャンスをものにしたものの、終わってみれば得点圏で12打数2安打に終わり、結局はいつもの展開。

明日の先発はメヒア。剛速球を武器に、メジャー初先発を果たします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/788-56da1622

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。