スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

offensive explotion 

メッツはカブスに爆勝し、連敗を2でストップ。

この日の先発はニース。初回に1点失うと、3回にはラミレスに2ランを浴びるなど、苦しい立ち上がり。5回まで4失点と試合を作れません。

打線は1点ビハインドの2回に2点入れ、逆転に成功。5回には2点差となるも、先頭のペガンがエラーで出塁し、反撃ののろしを上げます。まずベルトランとデイビスの連打で同点にすると、2アウト満塁からテハダが2点タイムリーを放ち、再び逆転。

2度目のリードを得たニースは、5回・6回を無失点に凌ぎ、力投を見せます。打線はさらに8回にデイビスの2ランなどで5点入れると、9回にも相手の中継ぎ陣を攻めてさらに5点。21安打18得点、全員安打の大猛攻でカブスを粉砕します。

ニースは序盤につかまるも、味方の大量援護にも恵まれ今季9勝目。打線では打撃が苦手のテハダがプロ入り初ホームランを含む4打数2安打5打点、不振気味のデイビスが6打数4安打3打点とルーキー陣の活躍が目立っていました。

明日からはD.C.に移動し、ナショナルズと3連戦。初戦はペルフリーが自身最多の14勝目を狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/790-8b6b1d28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。