スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

end of marathon 

伏兵の一打で、メッツはパイレーツにサヨナラ勝ち。

この日の先発はジー。初回から毎回走者を背負うなど、5回までノーヒットに封じたデビュー戦とうって変わり、苦しい立ち上がり。しかし得意の打ち取る投球が冴え、ゼロを並べます。

一方、肝心の打線は相手先発マクドナルドに対し、チャンスこそ作るも、なかなか決定打が出ず。結局降板する9回まで無得点と、あわやの完封ペースとなります。

ジーは6回を無失点に封じるも、援護が無く2勝目ならず。7回からはデセンス、フェリシアーノと繋ぎ、打線の奮起を待ちます。

10回に1アウトから途中出場のテハダが二塁打を放ち、一打サヨナラの場面を作ると、続く代打エバンスがレフト前に運び、テハダが生還。珍しい1-0でのサヨナラ勝利で今季19回目の零封勝ち。勝利投手は9回から2イニングの好リリーフした高橋で今季9勝目。

明日はディッキーで連勝を狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/798-6c3c9898

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。