スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

new ace 

連日の逆転勝利で、メッツはパイレーツに快勝。4タテを決め、ついに貯金生活へ突入。

この日の先発はペルフリー。4回までに2失点を喫するなど、まずまずの立ち上がり。しかし味方の援護は無く、悲願の15勝は運に握られます。

打線は2点を追う4回、1アウト一塁二塁からデューダのタイムリーで同点に追い付きます。実に22打数ぶりのヒットで、35打数1安打の大スランプをいいタイミングで脱出。6回には2アウト二塁からペルフリーがタイムリーを放ち、自らのリードを自らのバットで得ます。

ペルフリーは4回以降、低めを突く制球が冴え、パイレーツ打線を寄せ付けません。その好投を称えるように、打線は7回に1点、8回にさらに2点追加し、リードを広げます。ペルフリーの降板後はフェリシアーノ、パーネルがそれぞれ無失点に凌ぎ、6-2で試合終了。

ペルフリーは7回を2失点にまとめ、今季15勝目。不振の時期もありましたが、節目の勝利を挙げ、本人も満足。来季はサンタナが開幕不在の可能性もあるため、新エースとしてチームを引っ張って欲しいところです。

明日からはブレーブスと3連戦。4連勝の勢いが無駄にならないように、初戦は勝ちたいところ。ニースが今季10勝目を狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/801-2168ad0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。