スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fill some holes 

メッツは7日未明、D. J. カラスコ投手とロニー・ポリーノ捕手とそれぞれ合意に至りました。不足していた中継ぎ投手と正捕手に次ぐ控え捕手を同時に獲得。アルダーソンGMの記念すべき最初の選手補強はチームの穴を補うものでした。

DJCarrasco_12082010.gifカラスコは昨年パイレーツとダイアモンドバックスに所属し、計63試合に登板したタフネス右腕。メッツとの契約は2年総額$2.5Mのようです。デビューは26歳と遅咲きも、2008年から毎年30試合以上に登板し、防御率は3点台となかなかの好成績。強みとすれば、イニングを跨げることです。メッツでは先発が崩れたときのロングリリーフ、6回途中から7回まで、セットアッパーといった多彩な役割での起用が期待されます。

RPaulino_12082010.gifポリーノは強打が売りの捕手。契約は単年$1.3Mと判明しています。2006年に.310、6本、55打点と頭角を現し、2009年にはマーリンズに移籍。昨年は91試合に出場し、.259、4本、37打点の成績も、シーズン終盤には薬物使用が発覚(本人は体重管理のために服用と釈明)し、50試合の出場停止が与えられます。移籍するメッツではトーリーに次ぐ、控え捕手として期待されます。左投手に強い(昨年は.358(.217vs右)、通算でも.338(.245vs右))ため、左投手が先発の際にはスタメンに入ることもあるはずです。

今メジャーはストーブリーグまっただ中。他球団が大型契約を結ぶ中、メッツは限られた資金で少しでもチームを強くしようとしています。今後も注目です。

コメント

大型補強はあるんでしょうかね?
ベルトランのトレードとか噂されてますが…

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/824-72bedd87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。