スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

shocking move 

メッツは18日、カスティーヨ内野手を解雇したと発表しました。1年の契約を残し、予想外の形で球団を去ります。

球団はどうやら今キャンプ当初からカスティーヨを信頼していなかったようです。キャンプではチャンスをあまり与えず、成績に問わずに解雇。これまでケガに苦しんでいたベテラン二塁手の見切りをつけました。個人的にはまだまだやれると思っていましたし、守備力はチーム内の二塁手でトップでした。本人も悔しいはずですし、新天地で活躍するかも知れません。今回は暗黒期のスケープゴートとされたとしか言えないでしょう。

さて二塁手争いは再点火。今のところロスターに残っているのはマーフィーヘルナンデスターナー、そしてエマース。その中で守備が期待できるのはヘルナンデスのみで残り3名はほぼ未知数。ただエマースはルール5ドラフトのため、マイナーには落とせないことを考えると、可能性が十分あります。2週間後の開幕戦を前に、熾烈な戦いとなるはずです。

コメント

カスティーヨを解雇するなんて、信じられません。
若手に期待するしかないです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/829-78c14138

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。