スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ollie's departure 

メッツは21日、ペレス投手を解雇したと発表しました。2007年のオフに大型契約を結んだ左腕も不良債権と化し、ついに退団します。

ついに決断を下しました。今季の年俸は$12Mで、球団はチームに残すより、負担の道を選んだ形です。2006年にパイレーツから移籍し、同年のプレーオフでALCSの第7戦の先発を務めるなど、活躍。翌年も15勝挙げ、3年総額$36Mの大型契約を手にしました。しかし2008年は10勝に終わり、続く2年間は故障と制球に苦しみ、昨年はシーズン中のマイナー行きを拒否し続け、首脳陣を悩ませました。今キャンプでは早々と先発の争いから漏れ、中継ぎへ転向。その後もあまりいい結果を残せず、結局解雇となりました。

カスティーヨに続き、ペレスも退団し、暗黒期の象徴の選手がチームを離れることになります。二人だけが原因ではないといえ、新体制となったチームでは要らないと判断されました。新たなチームを作る上で、出血も惜しまないという思いが伝わります。メッツは過去を全部捨て、開幕に備えます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/830-094ad19c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。