スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

new year, same outcome 

メッツはフィリーズに大敗を喫し、2連敗。開幕遠征を3勝3敗で終え、ホームへ帰還。

この日の先発はニース。2回までに4三振を奪うなど、キレのあるカーブが絶好調。しかし3回に1アウト二塁から連打で2点失うと、4回には単調な投球が響きさらに4失点と打ち込まれます。

打線の前にはハラデー。最大のチャンスは3回に訪れました。1アウトながら満塁とすると、打席にはライト。しかしあえなく三振、続くデイビスは凡退し、せっかくのチャンスをフイにしてしまいます。エースに対しての逸機は重く、結局7回に降板するまで無得点。

ニースの降板後も中継ぎ陣が安定せず、この日は投壊。試合は11-0の惨敗に終わり、今季初の連敗。ニースは6三振を奪うも、甘い投球を狙われ、結局6失点で今季1敗目。打線は得点圏をほぼ全てものにした相手とは対照的でした。

遠征を終え、明日はホームでのナショナルズ戦。ディッキーに連敗ストッパーを任せます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/841-c66877b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。