スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

just enough 

メッツはナショナルズに逆転勝利し、連敗を3でストップ。

打線は初回にベルトランの今季1号となる2ランで先制。1点ビハインドとなった4回には2打席連続のホームランで3-3とします。

この日の先発はカプアーノ。初回に味方から2点をもらうも、2回に3ランを浴び、逆転を許します。3-3の5回にはデズモンドに勝ち越しソロを許し、相手の一発攻勢に苦しみます。

再び勝ち越された6回には、ノーアウト二塁三塁と一打逆転のチャンスが訪れます。へアストンは三振に倒れるも、続くデイビスが右中間を破る走者一掃のタイムリースリーベースを放ち、逆転に成功。8回にはダメ押しとなる2点を加え、リードを広げます。

カプアーノの降板後はバックホルツ、パーネルと繋ぎ、最後はロドリゲスが今季初セーブを記録し、ゲームセット。カプアーノは2発に沈むも、8三振を奪う粘投が光り、今季初勝利。打線はようやく得点圏を生かしました。大事なのは維持することで、今後も俄然課題です。

明日も勝って、連勝としたいところです。インテリ右腕、ヤングが今季2戦2勝を狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/843-39a79a89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。