スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

worst in the majors 

メッツはアストロズとの接戦を落とし、2連敗。今季の負け数を13とし、メジャーワースト。

この日の先発はディッキー。初回は無失点に封じるも、2回にアストロズ打線に捕まり3失点と、立ち上がりから苦しみます。

3点を追う打線は3回にベルトランのタイムリーで1点返すも、速球派の相手先発ノリスに対し、5回まで1点のみ。しかし6回に1アウト二塁からマーフィーが片手打ちでライトスタンドに2ランを放ち、同点に追い付きます。

2回に失点したディッキーはその後もピンチを背負いながらも、3イニング連続で併殺打に打ち取るなど、頭脳派の投球。しかし続投した8回に先頭のペンスに浮いたナックルボールをレフトスタンドに運ばれ、あえなく勝ち越し弾を浴びます。

再びビハインドとなるも、8回裏に1アウト一塁三塁とチャンスメーク。しかし代打ターナーの振り逃げの間にホームを突入しようとしたペガンがタッチアウトとなり、無得点に終わります。さらに9回には先頭のレイエスがヒットで出塁するも、続くトーリーのバント失敗で一塁に帰塁出来ず、痛恨のダブルプレー。

最後はライトがライトフライに倒れ、4-3での敗戦。打線は12安打を放つも、当たっている打者とそうではない打者がバラバラにいるため、なかなか得点には結びつかず。特に合わせて8打数無安打、4三振に終わったトーリーとライトの2番・3番の不振が影響しています。

明日は勝って、これ以上の連敗は避けたいところです。先発は左腕のカプアーノ。

コメント

早くも絶望的な状況になりましたね…
また明日から勝っていくしかないです

コメントありがとうございます。

絶望的、まさしくその通りです。ベイが戻ってきても...と思ってしまいます。まずは基本的な事が行えるまでは低迷は続くでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/852-9843fb39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。