スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10th victory 

メッツはナショナルズを制し、5連勝。勢いを手に、ようやく今季10勝目。

打線は初回にトーリーの打点内野ゴロとヤングのスクイズで2点先制。2-1とされた2回にはベルトランのタイムリーでリードを広げます。

この日の先発はDLから復帰したヤング。3回をラモスのソロHRによる1点のみに抑えるなど、快調な立ち上がり。しかし4回にはワースとラモスにそれぞれ一発を浴び、得たリードを手放します。続く5回は走者を溜めたところで球数制限を超えたため、やむをえず降板。

中盤に追い付かれるも、打線は直後の6回にトーリーの2点タイムリーで再び勝ち越し。1点差とされた9回にはライトの内野ゴロの間に走者が返り、2点のリードを維持します。

ヤングの降板後は、五十嵐、バックホルツ、イスリングハウゼンと繋ぎ、最後はロドリゲスが締め、6-4で試合終了。勝利投手はヤングの後を受け登板した五十嵐。キャンプではアピールに失敗し、開幕はマイナーで迎えただけに、嬉しいメジャー2勝目です。

チームは5連勝で、勝率五割も見えてきました。明日はディッキーで連勝を延ばします。

コメント

ちょっと危なかったですが、勝ててよかったです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/857-e1e7cd4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。