スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gone with the wind 

メッツはカブスに逆転負けを喫し、2カード連続負け越し。

この日の先発はディッキー。立ち上がりから好投も、3回に三塁をカバーしにいく途中で足を痛め、チームも本人にとっても痛い降板となります。

1-0のリードを得て登板した2番手ビエトはピリッとせず、4回に4失点で逆転を許すと、その後も中継ぎ陣が失点を重ねます。終盤には登板機会が減っていたイスリングハウゼンとロドリゲスを調整登板させるハメに。

打線は振るわず3得点のみに終わり、投手陣が浴びた17安打9失点には全く及ばず。試合は惨敗に終わり、ディッキーも負傷降板するなど、泣きっ面に蜂といった試合でした。

明日からはホームに戻り、好調のフィリーズと3連戦。少しでも上を目指すには、勝たないといけない相手です。初戦の先発はカプアーノ。

コメント

ディッキーの負傷降板が痛かったですね
打線では頼みのベルトランも結果が出てませんし…
明日からのフィリーズ戦で最低でも勝ち越さないと厳しくなりますね

コメントありがとうございます。

状況は依然厳しいです。ここにきて投手がバテてきているようです。打線もデイビスとライトのいない影響が出てきています。幸いこの日はペガンが復帰するため、少しは打線に厚みが出てくるはずです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/883-90d2ec49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。