スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

too big gap 

終盤のリードを守れず、メッツは2連敗。

この日の先発はカプアーノ。2回までに4三振を奪うなど、快調な滑り出し。3回と5回には1点ずつ許すも、6回を2失点のみ、8奪三振の力投でした。

打線は2点追う5回にレイエスのタイムリーで1点差に迫ると、6回にはポリーノのタイムリーで同点とします。7回には勝負強い打撃を続けているターナーのタイムリーでついに勝ち越し。

しかしそのリードも束の間。8回に登板したイスリングハウゼンがロリンズに同点タイムリーを浴び、試合は振り出しに戻ります。9回に登板したロドリゲスもフィリーズ打線に捕まり、4月14日以来の失点となる計3点を許し、再びメッツは劣勢の展開。打線は裏に1点返すも、大きく及ばず、試合終了。

貯金13と波に乗るフィリーズに対し、5割復帰後の5試合で4敗でメッツの借金は4。その差は歴然としかもはや言えません。差を埋めるためには、残りを2勝し、勝ち越しを狙います。明日の先発はペルフリー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/884-bd03e0ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。