スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

just can't hold 

またもや終盤のリードを守れず、メッツは3連敗。

打線は初回と3回にターナーとベイのタイムリーで1点ずつ入れ、左腕エースのハメルズに対し、2-0とリードを奪います。しかし4回以降は追加点を奪えません。

この日の先発はペルフリー。3回まで無失点も、4回に相手に粘られ1失点。しかし5回からは投球が冴え、7回まで9者連続凡退と完璧な投球を見せます。8回は続投も、2アウトからロリンズにヒットを浴びたところで降板。

しかしここから継投策が一向にうまく行かず。2番手のオカーナーがアットリーに同点タイムリーを許すと、4番手のバーダックがハワードに痛恨の勝ち越し2点タイムリーを浴び、ペルフリーの好投も空しく、逆転されます。9回にも1点追加され、そのまま5-2で試合終了。

安定していた中継ぎ陣ですが、ここにきて苦しみ始めています。パワー不足に陥った打線と合わせ、まさに悪循環。首位奪取が圏外となっている今、チームがどのような形で前に進むのか、気になるところです。

明日は勝って、ホームでのスウィープだけは阻止します。先発は先日早々にノックアウトされてしまったニース。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/885-0390e14f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。