スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lost magic in the end 

メッツは終盤のリードを守れず、連勝は2でストップ。

この日の先発はディッキー。足痛に苦しむ中、マウンドへ上がります。立ち上がりからキレのあるナックルボールが要所に決まり、故障を感じさせない投球を続けます。

打線は初回、2アウト三塁からベイの内野安打タイムリーで1点先制。しかしその後は荒れ球が持ち味の相手先発マクドナルドの投球に苦しみます。

ディッキーはその後も好投を続けるも、8回に2アウトからヒットと四球で走者を背負うと、ハリソンに同点打を許します。さらにはマカッチェンに四球を与えると、続くウォーカーにセンター前に勝ち越しタイムリーを浴び、3アウトを目前に降板。

パイレーツは続く8回にも2点加え、5-1で試合終了。ディッキーは自己最多となる10三振を奪うも、終盤に崩れ、今季5敗目。ケガを抱えながらの"大健投"だっただけに、残念な結果となりました。

明日は勝って、今カード勝ち越しの望みを繋げたいところ。先発はカプアーノです。8

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/888-322264be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。